クズといわれても笑う

定期的にブログタイトル変わります

Ryse: Son of Rome(steam版)をクリア

f:id:PrincessGorilla:20180916114806p:plain

最後にブログを書いてから3ヶ月も間隔が空いてしまいました。

その間、あまりゲームができていなかった…、というのもあるんですが。

というか、ゲームをする暇はないくせに、ゲームを買ってるの頭おかしいよねって思う…。

なぜか買ってたRyse: Son of Rome

私、トロイ無双っていうゲームが昔好きすぎて、ずっとやってたのですが、この、Ryse: Son of Romeはきっとそんな雰囲気を感じて買っていたんだと思います…

でも驚きの、日本語未対応だから! Steam版は日本語未対応!!! XBOXでゲーム出ていたときにはローカライズされていたようだけど、Steamにはそんな温情一切なし…。

 残念ながら私のXBOXは以前に横倒れさせてからドライブが故障したのか、まったく動かなくなってしまいました…。

なので今回日本語化ができればなと思って探したところ、

このブログで紹介されている手順で無事に日本語化できましたし、ムービーシーンも字幕ONにしたら日本語字幕がでてめちゃくちゃ感動しました。

Steam版でも今でも上記手順で日本語化はできるようなので日本語じゃないしなーって手が伸びなかった場合でもぜひこちらでお試しください。

英語はある程度できるといっても、やはり聞き取りは難しいです。ゲームのクエスト表示も英語である程度理解できるとしてもやはり母国語の方がストレスたまらないなぁと思いました。

Ryse: Son of Romeとはどんなゲームか

ちゃんばらゲーム…といえばちゃんばらゲームなんですけど、基本的に剣と盾をもって1対1かなとおもいきや、普通に後ろから切りつけてくんの!!!!

お前は卑怯だな!!! 卑怯にもほどがあるな!!! と思ったところで、盾を使った受け流しが重要になってきます。

最初後ろから切られてすぐ死ぬっていうクソゲーじゃねーかと思ってたんですが、基本は卑怯な敵キャラに後ろから切りつけられるゲームと思ってください(?)

でもそれ以上にグラフィックがきれい。2014年発売で、現在2018年で4年前のゲームですが、4年たってもめちゃくちゃキレイです。

ムービーシーンとゲームシーンとの差異がわからないくらいキレイな、シームレス仕様のゲームなので、そういう映画っぽいゲームをやりたい人にはお勧めかもしれません。

やりこみ要素はゼロです。なんか敵を「処刑」という方法で最後に必殺技決めることで体力回復とか経験値もらえるんですが、経験値使って能力値は全解放できますが、何が変わったの? という感じでした。

ストーリーを読むために、ゲーム本編をクリアするっていう感じだったので、いつものように途中で放り投げてクリアしないということはなく、見事プレイして13時間でクリアできました。めでたしめでたし。

マルチプレイもできるようだけどさすがに人おらんでしょってことでやってません。

ローマ兵になった次にはエジプト人になってしまう

ずっと買おうか悩んでいた、アサシンクリードオリジンズがまたセールしていたので今回の機会に買いました。

ちょっとプレイするだけで、また今までのアサシンクリードシリーズとは違うところがあって面白そうです。

以前に毎回暗殺暗殺ばかりでつまらんといって、Unityあたりでシリーズ投げちゃったんですが、海賊になって船を操作できるBlack Flagがめっちゃ面白くて、その後同じシステムのRougeをプレイしていたんですがやっぱり面白いですね…。

船に乗って海賊ができるってめっちゃ面白いですので、この値段でなら買っても損はないと思うのでぜひ…

しかし確かにRouge時代からのアサクリと比べると、なんかすごくOriginsはスムーズでなめらかですね。シリーズの中でも違うなって感じします。

 海賊アクションゲームといえば Ubisoft の新作である「Skull & Bones」ですが…

www.ubisoft.com

 日本語はくるのかなぁ…海外向けリリースっていう情報しかないや……2019年に発売らしいのでこれもめっちゃ期待しています。